Gusuku LABELへようこそ!
最近、自分がフリーメールを活用できない人間だってことに気付きました。

2008年07月20日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第189回(2版)


生。


 辺りを満たす夜に静けさが戻るのを待ってから、鈴乃はパジャマを脱いだ。下には、何も身に付けていなかった。傷だらけの体は、わずかな動きにさえも悲鳴を上げた。ベッドに横たわるシドの体から、掛け布団とパジャマを剥いだ。磐井がもし、鈴乃の目的を正確に知っていたなら、シドと二人きりになることは許さなかったかもしれない。シドの履いていた――あるいは、履かされていた――パンツを脱がせ、ペニスを口に含む。

 人との繋がりを感じたのは、セックスを経て、羽継と兄妹になってからだ。口頭上の兄妹でしかなかったが。セックスで構築される関係は、確実だ。性欲に衝き動かされた男の前に自分しかいなければ、その男には自分しかいないことと同じだ。問題なのは、その関係が持続される時間が、男が射精するまでの間に限定されることだけ。いくつもの解決を思案し、試みたが、セックスを利用して手に入れた関係を長引かせることはできなかった。できたとしても、半年に満たない数ヶ月、あるいは数日だけ。永遠だと思っていた羽継との繋がりも、鈴乃の知らない合間に、切れてしまっていた。数多の人間に、話を聞いた。セックスで人間関係を構築することの愚かさを説かれた。いつしか、理屈だけは理解できるようになっていた。だが、頭に、そして行動に、反映されることはなかった。セックスを使わずに構築する関係を、幾度か試みた。それは失敗するか、構築されたように見えても、実感することができなかった。

 遅すぎたのだ。答えを手に入れるのが。羽継とのセックスが分岐点だった。構築した関係の結果、あるいは通過点にセックスがある人間たちとは違う道を、歩みすぎた。彼らの行動原理はもはや、鈴乃の体内では外敵として認識され、排除される所まで来てしまっていた。

 シドのペニスが勃起した。耳は、彼の傍らで規則正しい音を立てる心電図に注意を払っている。シドが帰ってくる可能性を乱してまで、この“関係”を手に入れようとは思わなかった。

 シドは、今までの男とは違った。少なくとも、そう思った。この行為を終えても、それは変わらないことを知っていた。だがそれは、シドが眠っているからかもしれない。もし起きていたのならば、彼はこの行為を許さない。

 傍らに、気配が生じかけた。目で見なくても、それが幼い頃の自分であることが分かった。“どうして彼とセックスをしたいのか、教えてあげようか”そう言いたかったのだろう。はっきりと姿を作り、声を出す前にねじ伏せた。お前の出番じゃない。気配は消えた。

 少し、焦っていた。シドのペニスはもう、準備ができているのに、自分の方がまだだった。指先でいくら愛撫しても、水分を含まない。性交を拒絶しているのだ。だが、彼と交わらなければ、先に進めない。必要なのだ。そう言い聞かせて、指を繰った。やはり濡れなかった。唾液を指に塗りたくり、無理やり開いた。

 シドの上に乗ろうとしたところで、体が硬直した。彼の顔が視界に入ったからだ。込み上げる罪悪感、そして嫌悪感を、陰核を撫でる指先で打ち消した。シドのペニスに、体を沈めた。

 声が出た。快楽よりも、わずかに痛みの方が大きい。だが、膣からくるものなのか、体中あちこちにある傷からくるものなのかは分からなかった。ゆっくりと、腰を上下させた。顎先からシドの胸に落ちる脂汗に、涙が混じった。眠っている男とのセックス。これが、自分の欲したものなのか。

 快楽が消え、苦痛が消え、嗚咽だけが残った。腰を動かし続ける。数多の男と関係を持ち、肌を赤く染め、悦び、喘ぎ、たどり着いた終着点。汗が、涙が、愛液が溢れている。だが、何もない。

「シド」

 呟いた名前が、快楽を蘇らせた。自分は、どうしようもない愚か者だ。好きな男が眠っているときにしか、好意をぶつけることができない。そしてそのためには、相手を貶めることもいとわない。

 ここには、体は二つある。だが、心は一つしかない。一方通行の感情。自分が満足するためならば、相手が眠っている隙をも利用する。

 所詮自分は、その程度の人間だったのだ。

 シド。何度も、男の名前を呼んだ。腰を動かす速度を上げた。頂が近付いている。シド。名前を呼び続けた。シド。

 射精。膣に満ちた温もりが、快楽を登りつめさせた。体をのけぞらせ、一瞬の硬直の後、大きく息を吐く。脱力するままに倒れ、シドの胸に頭を預けた。

 外気が、汗を利用して、急速に体温を奪っていく。心電図の音。冷徹な静寂が、夜に満ちていく。膣の中の温もりが、ただの精液へと変わっていく。指にすくって、舐めた。

 まずい。

 精液は、精液。誰のものでも、同じだった。

 シドに下着を履かせ、パジャマを着せた。布団を掛け、元通りにして、ベッドから下りた。

 病室を出ると、すぐ側の壁にもたれて、磐井がいた。煙草を吸っていて、辺りに甘ったるい煙を漂わせていた。彼は腕を組み、目を閉じたまま、言った。

「あんたは、ばかだ」

「これ以上ないほどに」

 鈴乃はパジャマの前のボタンを掛けながら、そう言った。

つづく




続きを読む
前回の話を読む
ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む
ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 20:15| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第188回(2版)


最後のわがまま。


 いつからその考えが、頭の中にあったのか、鈴乃には分からない。初めて出会ったときから、芽はあった。他の男に対する欲望とは、全く違う場所に。はっきりと形となって現われたのは、アイザックのアトリエがある山から、帰ってきてからだ。やるべきこと、やらなければならないこと。片手の指があれば十分に数えられる中に、それはあった。

 志津子との“買い出し”は、予想以上に、鈴乃の体力を奪っていた。病院で待っていた看護士や医師たちから、無断で外出したことに対する小言を聞く余裕さえなかった。それは、自分の体力に対する失望を誘ったが、同時に好都合でもあった。小言を言われるのが好きな人間などいない。

 鈴乃は眠った。夕食も取らなかった。それが、午後六時頃のこと。目が覚めたのは、深夜一時を過ぎた頃だった。見回りの看護婦が来たので、眠れないと言った。彼女は、「規則を破るからよ」と言った。「規則というものはたいてい、不自由を味わわせるために設定されるものではないのよ」と。患者を、退院したあとの、より大きな自由に、可能な限り早期にたどり着かせるため。鈴乃が言うと、看護婦は微笑を浮かべて頷いた。

「だから、あたしたちの言うことを聞いて、おとなしく安静にしてなさい」

 彼女が鈴乃の病室から出ていき、足音が遠ざかるのを待ってから、鈴乃は自室を出た。

 車椅子と松葉杖には頼らなかった。素足よりも音が出るし、物陰に身を隠すとき、邪魔になる。体の支えには、壁があったし、そこに沿って設置された手すりもあった。だが、それでもやはり、楽ではなかった。目的地にたどり着くまでに、息は上がり、脂汗がパジャマを濡らしていた。怪我は痛みとともに、発熱ももたらしている。鈴乃は、シドの病室のドアを開け、中に倒れ込んだ。

「おい、大丈夫か?」

 鈴乃は思わず、舌打ちをした。病室には、シドしかいないものと思っていたのだ。声の主は、磐井だった。彼が存在する可能性くらい、頭に入れておくべきだった。磐井は、鈴乃の体を抱きかかえた。磐井は言った。

「何しに来た」

「見舞い」

「そいつは、面会が許されてる時間内にしてもらわなくちゃ困るな」

「あなたは、どうしてここに?」

「シドさんは将来、ツガ組の四大幹部が一人、〈玄武〉になる人だ。内外問わず、彼の命を狙う無粋な連中は、たくさんいる。あんたは」

「だから、見舞いよ」

「嘘だな。あんたは、絶対安静を宣告された身だ。彼が体を張ったのは、夜の散歩で無闇に縮められる命のためじゃないはずだ」

「もちろん、無闇に縮めてるわけじゃない」

「何しに来た」

 鈴乃は、磐井の腕から逃れて、地べたに膝を揃えて折り、座った。

「彼と、二人で話をしたいの」

「彼は、話せない」

「言葉を用いなくても、できる話がある」

「そんなものはない」

「あるわ」

 磐井は鈴乃の目を捉えたまま、小さく首を振った。

「だめだ。何を考えてる?」

「最後のわがままよ。そしておそらく、今夜を逃せば、機会は他にない」

「その心配はないだろう。あんたはここで安静にして、療養を続ける。彼はやがて目を覚ます。話をする機会は、いくらでもある」

「彼が目を覚ますとして」鈴乃は、ベッドで眠るシドの横顔を見た。「その頃にはおそらく、あたしはいない」

「そんなはずはない」

 磐井を見た。

「知り合いに、麻薬を手に入れてもらったの。〈シンデレラ〉あるいは、〈ガラスの靴〉と呼ばれるものよ。それを使えば、あたしの体は動く」

 磐井が眉を潜めた。〈シンデレラ〉のことを、知っているのだ。そして、鈴乃がやろうとしていることにも、気付いた。

「そんなものを使えば、あんたは戻ってこれない」

「それでも選ばなきゃならない往路がある」

「そんなものはない」

「あたしにはある」

「二度目だ。彼はあんたに、そんなことを望んじゃいない」

「でも、眠ってる人間には止めることはできない」

「なら、俺が言ってやる。麻薬なんてくそに頼って、彼の敵討ちなんぞをやるのは許さん。あんたは、生きるために生きなきゃならん。死ぬために生きてはならない」

「その理屈は分かってる。あたしを、何だと思ってるの?」

「刹那主義の、くそったれな殺し屋」

「刹那を積み重ねなければ、未来はないのよ、ベイビ」

「だめだ。そんなことは許さん。彼が目を覚ましたら、俺は見せる顔がない」

「あたしが勝手に望み、勝手にやることよ。あなたに責任はない」

「くそっ」磐井は立ち上がった。首を振る。大きく。「だめだ。ふざけるな」

 鈴乃はパジャマの胸ポケットから、〈シンデレラ〉を取り出した。窓から入ってくる月明かりが、目薬のケースで反射し、光る。

「今ここで、あたしにこれを使わせたいの? 経口摂取でも、ある程度の効果は得られるはずよ」

「今のあんたなら、そいつを使う前に取り上げられる」

「今は、それで切り抜けられるかもしれない。けどその場合、次は、〈シンデレラ〉を使ってから、ここに来る。あなたはあたしを止めることはできない」

「複数の部下を配置し、あんたと本気でやり合えば、止められる可能性はある。それに、今あんたを阻止した上で、即座にあんたが所持している麻薬を全て取り上げることもできる」

「一つ。あなたはシドがいる場所では、本気ではやれない。二つ。たとえあなたが、あたしが今現在所持している〈シンデレラ〉全てを取り上げたとしても、あたしは再び手に入れることができるし、手に入れる」

 磐井は溜め息をつき、背もたれのない円椅子に、尻餅を突くようにして座った。着ていた黒のスーツの胸ポケットから、煙草のパッケージを取り出し、一本くわえた。

「蓮さんから、五十余の部下と一緒に、形式上の破門をもらった。湾曲的な、リタ・オルパート、アイザック・ライクンとの戦争への許可だ。C・C・リヴァたちも加わる。俺たちは必ず殺る。アイザック・ライクンを」

「外野席で手に入る結果に、意味はないわ」

「シドさんのためにも、死に急がないでくれ」

「そんなつもりはないわ。ただ、あたしが生きるためには選ばなきゃならない道があって、それにはたまたま、おそらく、先がないだけ」

「どうすれば、あんたを止められた?」

「そうね。もし、彼が目を覚まして、あたしを抱きしめてくれたなら」

「彼には、マリさんがいる」

「ええ、そうね」

 磐井は立ち上がり、病室のドアを開けた。

「どれくらい、時間が必要なんだ?」

「三十分から、一時間」

「分かった」

「磐井?」

「何だ」

 肩越しに顔だけ振り返った磐井に、鈴乃は言った。

「ありがとう」

「命を賭けられたら、誰でも道を譲る」

 磐井は言った。

つづく




続きを読む
前回の話を読む
ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む
ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 01:25| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第187回


これ以上、言葉を遺さないで。


 日が暮れかけているのにも関わらず、黒いレンズのサングラスを掛けた男は、鈴乃を一瞥して、志津子に何事か呟いた。日本人のように見えるが、男の口から出てきた言葉は、日本のものではなかった。志津子は、男と同じ言葉を使い、返事をした。男は鼻を鳴らし、茶色い紙袋を、志津子に渡した。志津子からは、青い色の付いた、不透明なビニール袋――丸められて、直方体に近い形になっていた――が渡された。男は袋の中を覗き、頷くと、立ち去っていった。

「いくら渡したの?」鈴乃は言った。

「五十」

 今は手持ちがないけど――鈴乃の言葉を、志津子は途中で遮った。

「大丈夫だ、いらないよ」

 廃ビル。ガラスを失った窓から差し込む西日の中に、鈴乃たちはいた。アイザックとの戦闘を経た鈴乃の体は、当分の間、以前のように動かすのは無理だと、医者から言い渡された。〈ツガ〉の息のかかった病院を経営している医者だ。鈴乃は、法に触れる方法でもいいからと言ったが、医者は首を縦に振らなかった。志津子に相談したのは、他に、方法が思いつかなかったからだ。志津子は、ドラッグを使う方法を提案した。鈴乃はそれを呑んだ。彼女が手配したドラッグが今、男から手渡された紙袋の中に入っているものだった。志津子は紙袋の中身を一つ取り出して、鈴乃に放った。

 市販の目薬にしか見えない代物だった。全く同じケースは、商品名を示すシールが貼られたまま、透明な液体に満たされていた。

「これが?」

「モルヒネやヘロインのお仲間、抑制系薬物(ドラッグ)、〈シンデレラ〉。“ガラスの靴”とも呼ばれてる。静脈注射で摂取すれば、おそらく、あんたの体は動く。薬が効いてる間だけね」

「そう」

「満足かい?」

「ええ。でも、確実じゃないのよね? このドラッグの効果が、あたしの体を動かすかどうか」

「ああ」

 志津子は、男と同じく、黒いレンズのサングラスを掛けていた。表情は見えない。

「試してみても?」

「だめだ」志津子の語気は強かった。腹に、鈍く響く。「あんた、自分が使おうとしてる薬が、どれだけやばいのか分かってないのかい?」

「まあ、今のあなたの反応からすると、そうだったみたいね。麻薬の危険性は、ある程度承知してるつもりだったけど」

「ドラッグには、必ず副作用があるんだ。あんたのその、ぼろぼろの体を動かせるほどの効き目と、副作用を、秤に掛けてみな。分かるだろう」

「分かるような気はするけど、ぴんとこないわ」

「そいつを飲んだり、あぶって煙を吸ったり、粉状だったものを鼻で吸うなら、まだいい。それでも、十分にやばいドラッグだけどね。けど、静脈注射で摂取すれば、まず戻ってこれない」

「中毒症状から、抜けられない?」

「一発で、そこまでいく。もっと言えば、街のヤク中のがきどもが、より効き目のあるクスリと方法を追求した末に、〈シンデレラ〉の静脈注射で、昇天してる例さえ、いくつもある」

「そう」

「戻ってこれないんだよ。下手をすれば、死ぬんだよ」

「あたしは今、自分が生きてることに、あまり自信がないの」

「胸に手を当ててみろ。鼓動が聞こえるから」

「それで保証される生の話じゃないわ」

「あの男は、ドラッグが嫌いじゃなかったかい?」

「シドのこと?」

「そう」

「彼は、眠ってるわ。彼も今、自分が生きてることに、あまり自信がないでしょうね。ただし、その場合、鼓動で保証される生の話になるけれど」

「そうかい」

「そうよ」

「クスリを使って手に入るものに、本物はない」

「手に入れるために、行くんじゃないわ」

「シドはいずれ、目覚めるかもしれない。いずれ、あんたに微笑むかもしれない」

「彼の傍らには、彼が眠っている間、泣いてくれる女がいるわ」

「誰か、あんたに微笑んでくれる男が現われるかもしれない」

「あるいは、女が?」

「あたしは今、冗談に付き合う気分じゃない」

「そう」

 志津子が、黒革でできた、小さなショルダーバッグを、〈シンデレラ〉が入った紙袋とともに、鈴乃の膝の上に置いた。

「中に、注射器が入ってる。使いな」

「ありがとう。お金は」

「さっき、いらないと言った」

「でも、それじゃあ、あなたにお返しができない」

「だから、いらないんだよ。礼なんて」

「セックスなら」

 ばかじゃないのか。志津子の怒声が、ビルの中にこだました。志津子は荒々しく呼吸をしながら、鈴乃を見下ろしていた。

「あんたは、本当に」

「本当に?」

 志津子は首を振り、鈴乃に背を向けた。

「いや、何でもない」

「言ってよ」

「もういなくなる人間に、言いたい言葉なんてないよ」

「そう」

「ごめん、鈴乃。帰りは、一人で帰ってくれるかい? あたしはちょっと」

「うん。いいよ、志津子」

「ごめんよ」

「あたしが悪いのよ」

 別れの挨拶を交わした。志津子は、ビルの階段がある方へと歩いていった。鈴乃は言った。

「ポロは、元気にしてる?」

 ポロ。井織光子が遺していった、イングリッシュ・コッカー・スパニエル。処分される予定だったものを守り、彼女に預けたのだ。志津子が歩を止めた。

「ああ。他の子たちが、困るくらい」

「そう」鈴乃は言った。「ねえ、志津子。あたし、あなたのこと」

「やめな」また、ビルの中にこだま。志津子の声は、これ以上ないほど、硬質なものになっていた。「これ以上、あたしの中に、言葉を遺さないでおくれ」

「分かったわ」

「じゃあね」

 志津子は姿を消した。鈴乃は、〈シンデレラ〉の入った目薬のケースを通して、夕日を見た。燃えるような、赤。そのように感情が燃えていたのは、かつて、遠い昔のことだ。

つづく




続きを読む
前回の話を読む
ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む
ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 12:50| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。