Gusuku LABELへようこそ!
最近、自分がフリーメールを活用できない人間だってことに気付きました。

2008年08月11日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第192回


ただの戯れ。


 時間の感覚が、曖昧になっていた。リタ・オルパートからもらった睡眠導入剤で、無理矢理眠ったせいだ。空腹のサインも、便意も。あてにはならない。日の光がない空間で、体力だけが余っていた。生を見限ったことが、思考回路にブレーキをかけていた。ごく自然なことだ。いくら考えようとも、この先自分に待っているのは、ただ一つ。死なのだから。変わるのは、その終着点と、そこへ至るまでに自分がたどった道程(プロセス)の、解釈の仕方だけだ。

 慶慎に付いた見張り役は皆、ティーンエイジャー、あるいは十代を過ぎたばかりの者たちだった。総じて、若い。安っぽい、暴力的な態度。敵意ある視線。見張り役たちに見られる共通点だった。理由を垣間見たのは、見覚えのある顔を、見張り役の中に見つけたときだ。その少年の視線に込められた敵意は、他の者よりも濃度が高かった。

「覚えてるか、俺を?」

 少年は言った。思い出したわけではない。ただ、彼の声が、一つの名詞を浮き上がらせた。慶慎はそれを口にした。

「〈アンバー・ワールド〉?」

 返事は拳で返ってきた。内蔵が跳ね上がる。慶慎は、胃液混じりの唾を吐いた。

 抵抗はできなかった。事前に、手錠を手足にはめなおされ、背もたれと肘掛けのある木製の椅子に、体を固定されていた。

 攻撃は、一定のリズムで続いた。痛みに耐えるため、意識を体の内側に集中させる間に、部屋の中にいる人数は、一人から三人に増えていた。

〈アンバー・ワールド〉。夜の街で、市間安希に絡んでいた、不良グループだった。安希を助けようとすると、暴力的な手段に出てきた。だから、同じように、暴力的な手段で退けた。だが。

「どうして君たちが、ここにいる? ここは、リタやアイザックの根城じゃないのか?」

 脇腹に蹴り。返事を待っていた体は、ことさら無防備だった。倒れてしまいたかったが、椅子がそれを妨げる。少年は言った。

「簡単なことだ。なぜなら、俺たちは、ミス・オルパートと、行動をともにしてるからだ」

「なぜ」

「なぜだと?」

 喉。絞めるようにして摑み、力を込められ、椅子ごと床に倒れた。腹を踏みつけにされる。

「お前らは、アンバーの恋人を殺したからだ」

「ら? 〈カザギワ〉のことを言ってるのか?」

「そうだ」

「アンバーの恋人は、〈DEXビル〉の一件のとき、その現場にいた?」

「いや。その件は、関係ない」

「なら、僕は、アンバーの恋人の死には、関わっていない」

「だから? お前は、〈カザギワ〉の殺し屋だろう? 組織の一員、組織の一部だ。〈カザギワ〉の一人として、罪を背負うべきじゃないのか?」

「その通りだ」

 少年にそう言った一方で、違和感を感じた。〈アンバー・ワールド〉は、街にごまんといる、ちんぴらの一部に過ぎない。それが、罪などという言葉を使うだろうか。

 しかし、それがどうした?

 思考回路を止めた。自分は、何のためにここにいる? 彼らがどうしてここにいるのかを突き止めるためではない。ただ、死ぬためだ。彼らがここにいる理由も、自分に暴力を振るう理由も、どちらもどうでもいいことだ。その性質や正誤が、自分の命を左右するわけでもない。

 それに。もしかすると、これが、リタ・オルパートの用意した結末なのかもしれない。

 痛みの数を数えるのをやめ、少年たちが攻撃するのに任せた。胸の内で、鼻歌を歌った。父の下で暴力を受ける生活の中で覚えた方法。心を眠らせる子守唄。

 暴力の雨が止んだ。

 目を開くと、部屋の入口に、アイザック・ライクンが立っていた。戸枠に寄りかかり、りんごをかじっていた。

「リタの許可は、もらっているのか?」

 アイザックは、ロングコートを、襟を立てて着ていた。色は黒。左の袖は、義手がないため、だらりと垂れ下がっている。

 少年の一人が、アイザックに詰め寄った。身長が低い。下から、アイザックの顔を、ねめつける。

「邪魔するなよ、アイザック」

 アイザックは、片方の眉を、ぴくりと動かした。

「僕とリタには、“ミスタ”、“ミス”を付けるように言われなかったのか?」

「くそくらえだ」

 少年は、あとから加わった一人で、先ほどリタのことを“ミス・オルパート”と呼んだ少年ではなかった。野球帽を斜めにかぶった下に、さらにバンダナを巻いていた。だぶだぶの、NBAのユニフォームのレプリカ。幅の太すぎるジーパンを、尻の辺りまでずり下げて履いていた。アクセサリだらけの手、そして首元。

 アイザックは、またりんごをひとかじりした。獣じみた微笑を浮かべる。

「これはこれは」アイザックは言った。「今後また、こんなことがないよう、“釘を刺しておく”必要があるな」

 蹴り。予備動作もなしに繰り出した一撃は、NBAの少年を、部屋の反対側まで吹っ飛ばした。さらにその少年に歩み寄ろうとしたアイザックに、他の二人の少年が飛び掛かった。りんごをかじる音。ふわりと浮き上がる、ロングコートの裾。笑みをたたえたままの口許。二人は吹っ飛び、壁に衝突した。二人とも白目を剥いていた。釘で輝く、二人の腹には、血が滲んでいる。

「悪い気分じゃないよ」NBAのレプリカを着た少年の無防備な背中に飛び乗り、アイザックはステップを踏んだ。タップダンスでも踊るかのように。ステップに応じて、打ち込まれる釘。血が飛び散る。「リタには、しばらくの間、おとなしくしてるようにって言われてたんだけどさ」

 アイザックの足で、踏み鳴らされるNBAの少年の体。レプリカのユニフォームも、体も。血で真っ赤に染まっていた。骨が折れる音。肉が潰れる音。アイザックは、唇に付いたりんごの果汁を、舌で舐めた。

「でも、ほら。そういうのって、性分じゃないからさ。禁断症状が出るんだよ。代わりになるものもないし。相変わらず、リタは僕とセックスしてくれないし」

 新たに、少年が現われた。茶系の色が使われた、迷彩柄のパンツ。同系の単色のTシャツ。ベスト。バンダナ。バンダナははちまきのように、頭に巻いていた。ベストにある複数のポケットは、スペアの弾倉やナイフで膨らんでいた。肩に担ぐようにして、アサルトライフルを持っていた。少年は、部屋の様子を見て、眉間に軽く皺を寄せたが、声も上げずに中に入り、ドアを閉めた。

 アイザックが言った。

「やあ、“狂信者(ファナティック)”」

 少年は、眉間の皺を深くした。

「その呼び方は好きじゃありません、ミスタ・ライクン。〈ナンバーズ〉あるいは、〈ナンバー・オブ・アンバー〉と」

 アイザックは、NBAの少年の頭を、最後に大きく踏みつけ、彼の体から下りた。彼の体だったものから。明らかに、既に命を失っていた。“狂信者”と呼ばれた少年は、ライフルの先端で、NBAの少年の死体の頭を突いた。転がし、顔を確認する。

「ああ」“狂信者”は言った。「〈アンバー・ワールド〉の中でも、底辺に近い連中の一人だ。安心しました」

 アイザックは、食べかけのりんごを、“狂信者”に投げ渡した。

「クールだね。優先順位で、躊躇なく命を区別する。嫌いじゃないよ、そういうやつは」

「それはどうも」

「“何番”だ?」

“狂信者”は、Tシャツの袖をめくった。上腕に、刺青で数字が彫られていた。“25”。アイザックは言った。

「番号で覚えた方がいいかな? それとも、それと合わせて、名前を?」

「〈ナンバーズ〉は、自分の番号に、誇りを持ってます」

「なるほど。じゃあ、覚えておくよ。“25番”」

「光栄です」25番は、気絶している二人の少年を見た。「彼らは、どうしますか?」

「処分だ」

 25番は頷き、二人の頭に、ライフルで銃弾を撃ち込んだ。彼が、携帯電話をかけると、間もなく、25番と同じ格好をした者たちがやって来た。彼らは、死体を部屋から運び出し、死体が汚した床を洗浄し、去っていった。

「何をしようとしてるんだ、お前たちは」

 慶慎は言った。

 アイザックは、手錠をしたまま、椅子ごと、慶慎を起こした。ティッシュを丸めて、出血していた鼻に、栓をする。アイザックは言った。

「蟻の行列を見つけて、思うままに蹴散らしたことはないかい?」

 慶慎は黙って、アイザックを見つめた。

「飴玉や砂糖菓子を使って、蟻の行列を、思うままに操作(コントロール)してみたことは?」

 答えなかった。アイザックは微笑を浮かべたままだった。

「僕とリタがやってるのは、ただの戯れ。お遊びなのさ、風際慶慎君」

つづく




続きを読む
前回の話を読む
ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む
ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 07:02| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。