Gusuku LABELへようこそ!
最近、自分がフリーメールを活用できない人間だってことに気付きました。

2007年01月03日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第6回

 人を、殺した。
 慶慎の頭は、松戸の流した鮮血の赤で、満ち満ちていた。凶暴なほど赤い、血の色で。
 頭が、正常に働かなかった。自分が今、どこを歩いているのかも分からない。足の下にあるのが、アスファルトでできた道路だということが、とても信じられなかった。スポンジの上でも歩いているかのようだった。
 慶慎は、よろけた。すぐそこにあった、どこかの建物の壁に手をつく。ボストンバッグから吸入器を取り出して、使った。それで、スイッチを切ったかのように、喘息の発作が収まるわけではなかった。慶慎は深呼吸した。いくらかましになった。また、歩き出した。
 人を、殺した。しかし、失敗した。肝心のリタ・オルパートを、逃がした。慶慎は、何度も悪態をついた。胃酸の味がする唾を、地面に吐き捨てた。遠くでパトカーのサイレンが聞こえた。自分がどこにいるのかは分からないが、とりあえず、サイレンの音が近づいて来るようなことはなかった。
 呻き声を漏らし、慶慎はその場にしゃがみ込んだ。体が震えていた。寒さのせいもあったが、それだけではなかった。ひどい震えで、歯が噛み合わなかった。
 松戸の喉にできた赤い線。そしてそこから、血が噴泉のように吹き出す。その映像が、繰り返し慶慎の頭の中で再生された。二度と見たくない映像だったが、慶慎の頭は、それにはお構いなしに、再生を続けた。吐き気を感じ、慶慎は顔を下に向けた。もはや、胃の中に吐くものは残っていないようだった。唾だけが、慶慎の唇からのったりと糸を引いた。目に、涙が滲んだ。
 歩いては、休むことを繰り返した。パトカーのサイレンから、逃げる。ただ、それだけを考えて、歩き続けた。どれだけ時間が経っても、スポンジの上にいるような感覚は消えなかった。
 もう何度目か分からない休息のために、その場に腰を落としたとき、自分の名を呼ぶ声がした。慶慎は最初、それが空耳だと思った。が、違った。確かに聞こえた。
「ケイちゃん?」
 その呼び方をする者は、そう多くはいない。慶慎は顔を上げた。市間安希(いちま あき)が、そこにいた。数少ない、慶慎の友達だった。少なくとも、慶慎はそう思っていた。初めて出会ったとき、慶慎はひどい喘息の発作に苦しんでいた。そのとき、背中をさすってくれた、彼女の手のひらの感触と温度は、今も忘れてはいない。
 安希は、素早く慶慎に駆け寄った。彼女の手のひらが、また背中に当てられる。柔らかく、温かい。慶慎は、今まで張り詰めていた緊張の糸がほぐれるのを感じた。それは一度始まると、止められなかった。
「何かあったの? ひどい顔してるよ」
 安希が言った。慶慎は答えようとしたが、開いた唇からは、なんの言葉も出なかった。
「ケイちゃん? ちょっと」
 体から力が抜けていく。もはや、全てが慶慎のコントロール下から離れていた。安希に何か言わなければならなかったが、できなかった。
 慶慎は気を失った。



つづく




続きを読む

前回の話を読む

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む

ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 00:52| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。