Gusuku LABELへようこそ!
最近、自分がフリーメールを活用できない人間だってことに気付きました。

2008年02月15日

ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第152回(2版)


次に会うときは。


「さあ、どうしてですか?」
 井織はとぼけた。他に、どうしようもなかった。
「うまくないな。仮にも、<カザギワ>で情報を動かしていた男だろう。もう少し、理知的な言葉を返してほしいところだったな」
 ベンチの周囲で、風景に溶け込んでいた者たちが、筒本を囲んだ。ジョギングにいそしんでいた者。スーツとコートに身を包み、鞄をぶら下げ、腕時計をちらちらと見ていた、サラリーマン風の男。信号を待っていた、腕を組んだ壮年のカップル。四人。彼らが実際に動くまで、井織には分からなかった。新巻に紹介され、一度は顔を見たことがあったのに。筒本を囲まんとしている者たちは全員、<デイライト>の人間だった。
「俺のことを、ハメたんですね」
「<カザギワ>を裏切った人間が、再び<カザギワ>の人間と会おうとしている。興味を惹かれるシチュエーションだと、私は思うがね」
「でしょうね」
<デイライト>の者たちに囲まれた筒本は、抵抗することなく、ぐったりとその場に倒れそうになる。<デイライト>は、さも筒本のことを助けるために近寄ったかのような演技を始める。大丈夫ですか? 携帯電話を開く者。もっともらしく、筒本の胸に耳を当てる者。大きな声で呼びかけて、意識の有無を確かめるふりをする者。「もしもし、大丈夫ですか!」。もちろん、筒本は意識を取り戻したりはしない。もし取り戻したとしても、再び奪われるのがオチだ。
「怒っているのかね?」
「いいえ」
「君にとって、もう<カザギワ>は過去のものだろう?」否定した井織の言葉が聞こえなかったかのように、新巻は言う。「いまさら、<カザギワ>の人間がどうなろうと、関係ない。君が選んだのは、<カザギワ>ではなく、妻の光子君なんだから」
 新巻には、そして<デイライト>の誰にも、光子の死は伝えていなかった。彼らと共有すれば、彼女の死の色が変わる。そんな気がしたからだ。
 すぐ近くに、黒いフルスモークのワンボックス・カーが停まっていた。気を失った筒本は、<デイライト>の者たちに、そのワンボックス・カーの方へと運ばれていく。
「あいつを、どうするつもりですか」
「かつて、君の部下だった男だろう? 栄養価の高い食材だ。骨まできちんと味わってから、捨てるよ」新巻は言った。「ああ、料理は君に任せたいんだが、どうかな? そういう料理の経験が、君にはあると聞いたが」
 筒本の拷問を、井織にやらせる。新巻は、そう言っていた。ワンボックス・カーのドアに手をかけた、サラリーマン風の男が、新巻に目配せをした。新巻は頷いた。男がドアを閉める。
 井織は、彼らとの距離を測った。およそ、百メートルくらいだろう。
「返事が聞こえないな、井織」
 コートのポケット。その中で銃を握り、外套越しに新巻に突きつけた。強く。押しつけるように。新巻は、丸めていた背中を少しだけ伸ばした。
「何をやっているか、分かっているのか、井織」
「分からないほど、馬鹿に見えるのか? 俺が」
 返事は、聞かなかった。銃を撃った。脅しにするつもりはなかった。数発続けて撃ち込む。目から光を失い、傾きそうになる新巻の巨体を支え、ベンチの上で重心を整える。新巻のコートの中には、オートマティックの銃が二丁。もらい受け、新巻から離れた。かつて、彼であった巨体から。
 ワンボックス・カーの中の者たちが、異変に気づいていた。しかし、彼らに確信はない。その分、隙があった。早足で歩きながら、彼らへ向けて引き金を引いた。ドアを閉めたサラリーマン風の男が、ドアに体をぶつけ、その場に崩れ落ちる。助手席から、ジョギングの男。こちらに、狙い定めるものは、井織自身の体しかない。ジョギングの男には、ワンボックス・カーがある。井織は、それを狙い、引き金を引き続けた。ジョギングの男の胸が赤く爆ぜる。壮年のカップル。判断を誤った。仲間を呼び、態勢を立て直すべきだった。が、そうはしなかった。彼らは反撃を選んだ。ふたりの表情が分かる所まで、井織は近づいていた。腹に穴を開けて女が死ぬ。が、男は車の陰に潜みながら銃を撃っていた。馬鹿め。井織は思った。時間をかければ、警察が来てアウトだ。その他にも、アウトの要因はあった。井織の銃弾が、男の体を捉えていないのにも関わらず、銃声がやむ。車の陰から、男の首を絞め上げながら出てきたのは、筒本だった。意識を取り戻したのだ。井織は銃を下ろし、頷いた。
「<カザギワ>に、戻ってくる気になったんですね」
「お前は」井織は言った。「<デイライト>の情報を引き出すために、かつて部下だった地位を利用し、俺に近づいた。が、俺は罠を張って仲間と待っていた。お前は反撃し、<デイライト>の者たちを返り討ちにした。運よく。お前には、運悪く。俺は死なずに、その場を逃れた」
「何を言ってるんです」
「新巻が死んだ。<デイライト>のトップだ」井織は、ワンボックス・カーの側で死に絶える<デイライト>たちを見下ろした。「新巻に次いで地位の高い者たちは、彼らだ。あとは、復讐の二文字に囚われて、周りの見えなくなっている連中ばかりだ」
「井織さん」
「残っている、<デイライト>の連中の手綱を握るのは簡単だ。今日、新巻を含めた仲間も、“<カザギワ>に殺された”。これを火種にすれば、あとはふうふう吹くだけさ。ケーキのろうそく消すみたいにな。火は、吹いた方向に泳ぐ」
「言っている意味が分かりません、井織さん」
「これでも、元<カザギワ>だ。ある程度、やり口は把握している。手強いぞ、俺は」
 パトカーのサイレンが聞こえてきた。筒本は言った。
「場所を変えて、落ち着いて話をしましょう」
「もう一度、言っておく。次に会うときは、敵同士だ。忘れるなよ、筒本」
「あなたは今、興奮して頭が沸騰してるんです。時間を置けば」
「筒本」井織は言った。「その時間は、ないさ」
 筒本に背を向けた。撃たれるかもしれない。井織は、そう思った。が、それならそれでいい。しかし、井織が姿を消すまで、銃声がその耳を叩くことはなかった。
 自分のしたことは、分かっていた。しかし、後悔はしていない。

つづく




続きを読む
前回の話を読む
ブログ小説 焔-HOMURA-[integral] 第1回から読む
ブログ小説 焔-HOMURA- scene1から読む
posted by 城 一 at 10:00| 長編小説 焔-HOMURA-[integral] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。